Pandora Paradise 英国系ミニチュア・スムース・ダックス、トイプードル(ブラック・ブラウン・ホワイト)専門

Home Contact Stud dog Dachshund Poodle
Infomation Puppies Salon Diary E-Mail

我が家の代表的な台牝を紹介しております

CN:PANDRA ( パンドラ )

SIRE:CH(AM)VALCOPY JOHNNY ANGEL (BLK)
DAM:CH.HEARTY K. ONLY ONE BITCH FCI (BLK)

CN:SANDRA ( サンドラ )

SIRE:EARTH WALKER OF KINDEA SCHLOB JP (BR)
DAM:TWINKLE HOUSE JP BP P HEARTY K (BLK)

    JKC.CH      CN:SENDRA ( センドラ )      PRA:NORMAL
SIRE:CH.STAR LEGEND GLANDIFLORA FCI (BLK)
DAM:REBECCA OF PANDORA YAYA JP (BLK)

CN:ANDRA ( アンドラ )      PRA:NORMAL

SIRE:CH.LAOMEDON OF ORGANDY S.K. JP (BLK) 準英国産
DAM:CH.PRANDILA OF PANDORA YAYA JP (BLK)

      JKC.CH      CN:REINA ( レイナ )      PRA:NORMAL
SIRE:SARAHILL MAKE DREAMS (BLK) フィンランド産
DAM:SARAHILL OUE SERA SERA (BLK) フィンランド産

CN:HINA ( ヒナ )      PRA:NORMAL
SIRE:ISLEY'S SWEET CHARMER (BLK) 米国産
DAM:SANDHILL'S WIND CALLED MARIAH (BLK) 米国産

CN:SHARA ( シャラ )      PRA:NORMAL

SIRE:CH(AM)MAGICSTAR SERGENT PUYMERAS (BR) 米国産
DAM:SARAHILL WELL I'M BLEST (BLK) フィンランド産

CN:GLORY ( グローリー )      PRA:NORMAL

SIRE:CH.LAOMEDON OF ORGANDY S.K. JP (BLK)準英国産
DAM:CH.SARAHILL QUEENBLESS LOVE (BLK) フィンランド産

CN:PARIS ( パリス )      PRA:NORMAL

SIRE:CH.STAR LEGEND GLANDIFLORA FCI (BLK)
DAM:CH.SARAHILL QUEENBLESS LOVE (BLK) フィンランド産

CN:NICOLE ( 二コール )      PRA:NORMAL

SIRE:CH.STAR LEGEND GLANDIFLORA FCI (BLK)
DAM:CH.SARAHILL QUEENBLESS LOVE (BLK) フィンランド産

CN:POO ( プー )      PRA:NORMAL

SIRE:CH(ENG)SHALANKAS SAY A LIL PRAYER (BLK) 英国産
DAM:CH.SMASH JP ONE PIECE (WH)

CN:HIRALLY ( ヒラリー )

SIRE:CH.HONEY WINCLE'S BOB MERLEY FCI (BLK) 
DAM:STAR LEGEND BLESS MY SOUL FCI (BR)

CN:夏子 ( ナツコ )      PRA:NORMAL

SIRE:CH.GAWAIN OF JEWELRY HOUSE YOKO FCI (WH) 
DAM:STAR LEGEND WIND SONG FCI (WH)

プードル スタンダード(犬種標準)
FCI スタンダード No.172
原産地
フランス、中欧
用途
家庭犬、愛玩犬
FCI分類
グループ9 コンパニオン・ドッグ&トイ・ドッグ セクション2 プードル
沿革
非常に古くからヨーロッパ大陸の各地にいたようで原産地を特定するのが困難なくらいだが、
フランスで人気化したことからフレンチ・プードルというような呼び名もある。
ドイツから移入された水辺の猟を得意とする犬が先祖犬といわれている。
16世紀ごろからフランスの上流階級の婦人に愛されるようになって、
ミニチュア・サイズのプードルが作出された。
ルイ16世(1754年〜1793年)の時代にはトイ・プードルも作出されており、
他の国にも知られるようになった。
南欧のウォーター・ドッグ(水中作業犬)との混血説もあり、
この犬は作業を容易にするため被毛の一部分を刈り取る習慣があった。
プードルはカモ猟に使用され、獲物の運搬を得意とした事からカットが施され、
次第に美的な要素が加味されて今日のクリップに発展した。
一般外貌
優雅な容姿、気品に富んだ風貌を備え、スクエアの体構でよく均整がとれている。
慣例上の刈り込みによって、一層プードル独特の高貴さと威厳を高めている。
プードルの特色であるクリップによって、多少の外貌表現に差を見るが、
表現は知的であり、より優雅で気品を発揮しなければならない。
習性/性格
利口、活発、従順で、しかも活動的な動作を示す。
頭部(ヘッド)
■頭蓋骨(クラニアル・リージョン)
・スカル
程よく丸みを呈している。

・ストップ
わずかであるがはっきりしている。

■顔部(フェイシャル・リージョン)
・鼻(ノーズ)
鼻の色はブラック。アプリコットのものはレバーでも許される。ブラウン系のものはレバー。

・マズル
長く真っ直ぐで、美しく、眼の下にわずかな彫を持ち、力強い。マズルとスカルは同じ長さである。

・唇(リップス)
引き締まっており、ブラック。アプリコットのものはレバーでも許される。ブラウン系のものはレバー。

・顎/歯(ジョーズ/ティース)
白く丈夫でシザーズ・バイトである。

・頬(チークス)
頬骨と頬の筋肉は平らである。

・目(アイズ)
両目は適度に離れて付き、形はアーモンド形である。眼色はダーク。
アプリコットのものはアンバーでも許されるが好ましくない。ブラウン系のものはダーク・アンバー。
目縁はブラックだが、アプリコットのものはレバーでも許される。ブラウン系のものではレバー。

・耳(イヤーズ)
耳は目の高さ又は目よりやや低い位置に付き、頭部にぴったり沿って垂れ、
耳は厚い。耳朶は長く、幅広く、豊富な飾り毛に覆われている。
頚(ネック)
力強く十分に長く、良い均整を保って、頭部を高く上げている。喉下にたるみがあってはならない。
ボディ
キ甲(ウィザーズ):高い。
背(バック):短く丈夫で水平である。
胸(チャスト):深く、適度に幅広い。
肋(リブズ):よく張っている。
腰(チェスト):幅広くたくましい。
尻(クループ):わずかに丸みを帯びている。
腹/ひばら(ベリー/フランク):よく引き締まっている。
尾(テイル)
根元は太く、尾付きは高く、上に向いていて、けして巻いたり背負ったりしてはならない。
全体とのバランスが取れた長さに断尾する。
四肢(リムズ)
前肢(フォアクォーターズ):十分な骨量と筋肉を持ち、肘から真っ直ぐに伸びる。
肩(ショルダーズ):十分傾斜している。
中手(パスターン)(メタカーパス):強くなければならない。
足(フィート):小さく丸くよく引き締まっている。パッドは強固である。
爪はブラックまたは毛色に近い色。ブラウン系のものはダーク。

後肢(ハインドクォーターズ):強健な筋肉に富む。
大腿(サイ):十分に発達して筋肉に富んでいる。
膝(スタイフル):健全でよく屈折する。
飛脚(ホック・ジョイント):低い位置が望ましい。
足(フィート):趾、パッド、爪は前肢とほぼ同じである。
歩様(ゲイト/ムーブメント)
健全で、自由な軽い動きで十分な推進力がある。
被毛(コート)
■毛(ヘアー)
毛質は比較的堅く、非常に豊富なカーリー・コート(巻き毛)、コーデッド・コート(縄状毛)が密生している。

■毛色(カラー)
きれいな一色毛であることを理想とし、ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、
アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなどがあり、
同色内の濃淡がある。カフェ・オ・レ色はブラウン系色の中に含まれる。

■ショー・クリップ
パピークリップ、コンチネンタル・クリップ又はイングリッシュ・サドル・クリップ。
パピークリップは生後12ヵ月以下。
サイズ
■スタンダード・プードル
45cm〜60cm。+2cmまで許容される。
スタンダード・プードルはミディアム・プードルをそのまま拡大・伸展したものとし、
ミディアム・プードルと同一の特徴を有していなければならない。

■ミディアム・プードル
35〜45cm。

■ミニチュア・プードル
28〜35cm
このサイズのプードルはミディアム・プードルを縮小した外貌と類似し、
比率は可能な限りミディアム・プードルの比率を維持し、
ドワーフィズム(矮小発育症)のいかなる兆候も呈してはならない。

■トイ・プードル
24〜28cm(理想は25cm)。−1cmまで許容される。
トイ・プードルはミニチュア・プードルの外貌と類似し、全体的な比率も同一であり、
ミニチュア・プードルのスタンダードの全ての必須要件に適合するものとする。
ドワーフィズム(矮小発育症)が見られるものは全て失格となるが、
オクシパットの隆起に限ってはそれほど目立たなくでもよい。
欠点
上記の点からのいかなる逸脱も欠点とみなされ、その欠点の重大さは逸脱の程度に比例するものとする
・極端な不正咬合。
失格
・陰睾丸。
・一色毛以外の毛色。

参考:JAPAN KENNEL CLUB STANDARDS OF THE BREEDS 全犬種標準書

HOME
ざーっくりFX